11月14日(土) | 日本橋ライフサイエンスビルディング

第7回山本雄士ゼミ:プライマリ・ケアの革新から考える医療戦略の全体像

2020年度第7回山本雄士ゼミのテーマは、プライマリ・ケア!米のクリニック・グループの事例から、理想のプライマリ・ケアの姿とその実現のためのマネジメントの課題を議論します。
お申し込みの受付は終了しました。
第7回山本雄士ゼミ:プライマリ・ケアの革新から考える医療戦略の全体像

日時・場所

2020年11月14日 16:00 – 19:00
日本橋ライフサイエンスビルディング, 日本、〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目3−11

イベントについて

【概要】 2020年度第7回山本雄士ゼミのテーマは、プライマリ・ケア!米のクリニック・グループの事例から、理想のプライマリ・ケアの姿とその実現のためのマネジメントの課題を議論します。 医療資源の乏しい地域の高齢者を診療対象としながら、創業から3年で、診療所数19・患者数22,000の規模に加え、全米上位10%に入る診療アウトカムと95%を超える患者満足度を達成したOak Street Health (OSH)。その強さの秘密はどこにあったのでしょうか?ケースディスカッションでは、OSHが提供するプライマリ・ケアのビジネスモデル、診療モデル、集患力、医療費支払いの仕組みなどについて議論するとともに、プライマリ・ケアから専門医療まで含めた医療提供者が低コストで良質な医療を実現するためにとるべき医療戦略の全体像を考えます。さらに日本のプライマリ・ケアにとっても重要な示唆を導いていきます。 開催方式は前回に引き続き、対面・オンラインのハイブリッド開催。対面会場から発言・質疑応答が可能な双方向型オンライン配信を行います。 【スケジュール】 14:30〜 受付開始 15:00〜 プレゼミ(ケースディスカッションの内容整理とアイスブレイクを行います) 16:00〜 ケースディスカッション「プライマリ・ケアの革新から考える医療戦略の全体像」(ケース:Oak Street Health: A New Model of Primary Care) 19:00〜21:00 懇親会(予定。飲食物の提供は行わない方針で、対面/オンラインの開催方式など詳細を現在検討中です。) 【開催日時】 日時:2020年11月14日(土) 16:00~19:00(懇親会19:00~21:00) 開催方式:対面・オンラインのハイブリッド開催。対面会場は日本橋ライフサイエンスビルディング(東京都中央区日本橋本町2-3-11)2F大会議室。同会場から発言・質疑応答が可能な双方向型オンライン配信を行います。 ゼミ参加費:学生1500円、社会人3000円 懇親会費:無料。飲食物の提供は行わない方針で、対面/オンラインの開催方式など詳細を現在検討中です。 対象:現状の医療課題に関心のある全ての方。学生・社会人、医療系学部の方・そうでない学生の方、医療関係の方・行政の方・一般企業の方、幅広く対象としております。 主催:山本雄士ゼミ 協賛:三井不動産、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) 【対面で参加される方へのお願い】 ・当日朝に検温をしていただき、発熱がある場合、また体調が優れないと感じられた場合は来場をご遠慮ください。なお、対面でお申し込みいただいた場合でもオンラインでご参加いただけます。 ・マスクを着用してのご参加にご協力をお願いいたします。 ・受付時に手指消毒・検温をさせていただきます。 ・着席可能なお座席につきましては、参加者の方同士の間隔が2m以上となるよう、予め指定をさせていただきます。どうぞご了承ください。 ・発言をオンライン配信用のカメラに集音するため、対面で参加されている方にはマイクを使用しての発言をお願いする予定です。発言される方が替わる度にマイクのアルコール消毒を行います。 【ケースディスカッションとは?】 マネジメントの現場で日々繰り返される意思決定への訓練を目的とした教育手法です。あるケース・スタディ(事例研究)をあらかじめ読んできて、参加者のみなさんでのディスカッションを行います。講師はファシリテーターを務めます。講師が問いを立て、参加者は挙手の上で発言し、それに講師が応答する形で展開していきます。ハーバードをはじめ、世界中のビジネス・スクールで用いられている授業の形式です。 【主宰者紹介:山本 雄士(やまもと ゆうじ)】 東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科、救急医療などに従事。ハーバード・ビジネス・スクールで経営管理学修士(MBA)の修了を経て、株式会社ミナケアを創業、現在に至る。データとコミュニティを活用した「健康投資」型の医療を提唱し、その事業化を進めるほか、企業の経営アドバイザーや政府の委員なども務める。教育活動として山本雄士ゼミを主宰、また慶應義塾大学政策・メディア研究科非常勤講師。 詳細は http://www.yujiyamamoto.com/ をご覧ください。 【注意事項】 ・新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては、オンラインのみの開催とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 ・お申し込み後のキャンセルについては、返金できませんのでご了承ください。 ・ゼミで使用するケース・スタディのPDFファイルは、申し込みいただいた方に順次メールでお送りしております。システムの都合上遅れる場合もございますので、申し込み後3日経過しても受け取られていない場合、大変申し訳ございませんがゼミのメールアドレス(yamamoto.yuji.seminar@gmail.com)までご連絡いただければ幸いです。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア