11月13日(土) | 中央区

第7回: 患者さんの価値に向けた,組織の変革とそのマネジメント(ケース:MD Anderson Cancer Center)

癌分野の世界的権威であるMDアンダーソン癌センターのケースを扱い,「患者さんへの価値」に向かって競争力を保ち一流であり続けるための,医療機関のマネジメントについて考えます。
お申し込みの受付は終了しました。
第7回: 患者さんの価値に向けた,組織の変革とそのマネジメント(ケース:MD Anderson Cancer Center)

日時・場所

11月13日 16:00 – 19:00
中央区, 日本、〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2丁目3−11

イベントについて

【山本雄士ゼミ第7回】

「患者さんの価値に向けた,組織の変革とそのマネジメント(ケース:MD Anderson Cancer Center)」

お申し込みはこちらから! 

✔️日時:11/13(土) 16:00-19:00 (-20:00で懇親会があります!)

✔️ 内容:ケースディスカッション

✔️ 会場:日本橋ライフサイエンスビル2Fでの対面参加 or ご自宅からzoomでのご参加 

✔️ 企画詳細: 

癌分野の世界的権威であるMDアンダーソン癌センターのケースを扱い,競争力を保ち一流であり続けるための医療機関のマネジメントについて考えます。

MDアンダーソン癌センターは,長きに渡り診療,研究,教育,予防の全てにおいて優れた成績を残し,まさに「一流」と見なされています(たとえば,2018年に本庶先生とノーベル医学生理学賞を受賞されたジェームズ・P・アリソン氏が執行役員を務めています)。組織が競争に勝ち続けるための’秘訣’といえる,マネジメントの視点や方法について考えます。

よりマクロな視点についても考えます。癌専門の医療機関,診療科の数は日本にそう多くはありません。病院経営についてだけでなく,「医療の世界で,癌疾患に対してどういう対策がなされてきたのか」についても綴られた本ケースは,大いに学びを深められる読み物だと思います。

✔️お申し込みはこちらから! 

このイベントをシェア